top of page

MAKE MEANINGS(屋号)に込めた想い。


「沢山の"あたらしい価値観"を創っていきたい」という想いがあります。



東京パラリンピックが開催されたことで、

パラスポーツやパラアスリートにスポットが当たって、

活躍や凄さがクローズアップされる様になったと思います。


とても嬉しい事ですし、

事実、障がいを持っている人、障がいを持ってしまった人にとって、

分かりやすい希望になったと思います。


その反面、僕は、

「パラアスリートの活躍や凄さ」とは別の、

もう一方の面を決して影にしてはいけないと思いました。


「もう一方の面」というのは、

障がいを持ちつつも、健常者と同じ様に「働いている人達の凄さ」という面です。


パラスポーツは今「共生社会の実現」の名の下に、

普及促進の為の活動が活発化していると思います。

ですが、障がいを持つ人が

「本当に実現したい夢(なりたい職業になれる環境)」を整える活動は

まだまだやれる事が沢山あると思います。


その為に必要なことは、

「その職業で働いている人達の協力」だと感じています。


MAKE MEANINGSでは、

企画したイベントに来て頂いた参加者の方にとって、

「障がいがあっても、やれる事がある」と言う事に気付いてもらうと共に、

「障がいがある事で、出来ない事がある」と言う事も知ってもらう事で、

自分が今いる環境(働いている職業、職場)において、

「自分が出来る事に気付いてもらい、行動してもらう」事を目的としています。



それがMAKE MEANINGSが伝えたい「新しい価値観」です。

そしてそれが、本当の意味で、共生社会の実現に繋がると思っています。


閲覧数:64回0件のコメント

Comments


bottom of page